BLOGブログ

2019.02.26

英語を英語で考える!?英語脳とは?

英語豆知識

よく英語は英語で考える!というフレーズ。みなさんも聞かれたことありますよね?

  それって実際どういうこと?

  何からどうやっていけば?

という疑問があるかもしれません。

英語脳でどう考える

今回は少しでもヒントになればと私の経験も踏まえてシェアしたいと思います!

まず、この『英語脳で考えること』に関しては、大賛成。

英語で会話するときに、頭の中で日本語を変換して英語にしてから話すと実際、時間がかかりすぎる・・・
(英会話って結構リズム感、レスポンスのスピードが大事だったりします。)

というのもありますが、それよりも『英語にしかない表現』『日本語にしかない表現』が多すぎるから。

無理矢理、変換しようとして難しい単語を導き出したとしても、それってナチュラルではないものが多く、

実際ネイティブは使わない表現だったりします。

そもそも、そのことがらや考え方自体が存在しないこともよくある。

なので、まず 変換することをやめる。

頭で翻訳変換する癖がついてしまうと、ナチュラルに会話することとはかけ離れていってしまうし、

その時言いたい一つの単語が出てこないと途端に話せなくなってしまいがち・・・。

なので、言えない単語を別の言い方で臨機応変に補える能力が大事になってきます。

たとえば、私は美容師です。と言いたい。でも美容師という英単語が出てこない・・・。

美容師は英語で、Hairdresser, Beautician, Hairstylist といいますが、それが出ないなら、

I’m working at a hairsalon.

(美容室で働いています)

でも通じますよね?言い方は違えど意味は同じ。


実際、私自身 英語で話しながら合間に日本語で説明したりするシチュエーションよりも、外国人と1:1で英語のみで会話するときのほうがスラスラ英語が出てくるなと実感する経験がかなりあります。

 たぶん日本語と英語で話すときには脳の切り替えがうまくいかず混乱しているんだと思います・・・。

 そこで、英語を英語で理解するための方法をご紹介!

英英辞書で調べる。
分からない単語を日本語ではなく英英辞書を使って英単語の説明も英語で読んで理解する。 その説明文の中ででわからない単語が現れたら、またそれも英英で調べる。 これで、日本語は登場しないわけで英語で理解しようとする英語脳に近づくわけです。

英語で毎日日記を書く。
疲れているときは2~3行でもOK。 とにかく毎日続けること ここが重要

英語でメールのやり取りをする
外国人の友達や、英語の上手な友達とメールする際、英語でやりとりをする。
英語でメール

英語で独り言を言いまくるw
いつでもどこでも、その状況や今日あったこと、なんでも喋りまくる!www

これ、実は私の周りの英会話が上手な人たちは意外にみんなやっていた共通点で後から知ってびっくりでした。


とまぁ今回はそんな感じです!

みなさんもぜひ『英語脳』意識してみてくださいね!