BLOGブログ

2020.07.14

動詞「meet/see」の使い方

英語豆知識

今回の記事では「会う」の意味を表す前置詞 meet,see を紹介していきます。
両方とも意味が似ているので、使い方を確認していきましょう!

前置詞in/on/at

 

初めて会う、約束をして会う時に使う「meet」

 

meet は「初めて会う、約束をして会う」時に使うこと特徴です。
「約束して会う」という意味は、日本語のミーティングから想像しやすいかと思います。

・I’m going to meet Mr.Smith tomorrow.
明日スミス氏に会います。

・Let’s meet next week to discuss the issue.
その問題について話し会うために来週集まりましょう。

 

知り合いと会う、一方的にこちらから会う時に使う「see」

 

see は「知り合いと会う、一方的にこちらから会う」時に使うこと特徴です。
誰かに会いに行く場面で meet ではなく see という使った場合、相手は知り合いと考えて良いでしょう。
医者に対してはこちらから一方的に会いに行くので、see を使うことがポイントです。

・I’m going to see John this weekend.
今週末は(知り合いの)ジョンに会いに行きます。

・You should see a doctor.
医者に診てもらった方が良いよ。

 

「Nice to meet/see you.」の違い

 

初めて会う場合は「meet」, 知り合いと会う場合は「see」、を使うと自然な会話となります。

・Nice to meet you.
(初対面の人に対して)お会いできてうれしいです。

・Nice to see you.
(既に会った人に対して)お会いできてうれしいです。

 

「meet/see」の使い方の確認

 

ここで meet,see の使い方の確認をしましょう。

さて、次の日本語を英語で表現をする場合、どちらが正しいでしょうか?

・明日カーターさんと(初めて)会う予定です。
I’m going to meet Ms. Carter tomorrow.
I’m going to see Ms. Carter tomorrow.


・再びお会いできて嬉しいです。
Nice to meet you again.
Nice to see you again.


・昨日、診察を受けました。
I met a doctor yesterday.
I saw a doctor yesterday.

 

正解は・・・

 

 

・明日カーターさんと(初めて)会う予定です。
I’m going to meet Ms. Carter tomorrow.
I’m going to see Ms. Carter tomorrow.


・再びお会いできて嬉しいです。
Nice to meet you again.
Nice to see you again.


・昨日、診察を受けました。
I met a doctor yesterday.
I saw a doctor yesterday.

初めて会う/約束をして会う場合は「meet」, 知り合いと会う/一方的にこちらから会う場合は「see」、というイメージを押さえることがポイントです。
ただ、これらはあくまで原則で、状況によっては上記の考え方が当てはまらない場合もあります。実際に英語に触れながら、meet と see を使い方に慣れていってくださいね!


\こちらも再開しました!/
ワンコイン英会話

Facebook