BLOGブログ

2020.02.13

タイ旅行記~Bangkok & 郊外編~

旅行記

バンコク ナイトマーケット

サワディーカー
10日間タイ バンコクに行ってきました。

ので今回はバンコク旅行記です。
初利用のLCCエアライン NOK SCOOTで6時間弱 バンコク ドンムアン空港着。
バンコク 旅行記
寒い日本とは逆でかなり蒸し暑い 32℃、湿度が高いので、体感温度はもっと・・・
空港に着いたら、まずいつも通り SIMカードを購入。差し替えたら、いざ宿までGO!!!
今回も東南アジアでは必須の タクシー配車アプリ GRABを利用しスムーズに ホステルまで。 空港から市内までは25分くらいで結構近め。

こちら 今回宿泊ホステル。ドミトリーで一泊 1500 程度。安いです。そしてきれい。
しかも、ドミトリーだけど個室ブースタイプでGOOD!荷物を中で広げられるのがうれしい。
バンコク旅行 ホステル
バンコク旅行 ホステル
そして今回この宿を選んだ理由の一つはこの看板犬たち~~~
毎日このフレンチブルのガピ&マリーと遊んで癒されました
バンコク 旅行記 ホステル
いつもお客さんがくるのを眺めているなんとも人懐こい2匹はほんとに可愛すぎ。
が、この時期ということもありコロナウイルスのせいでホステルはガラ空き。ほぼ貸切状態で気楽に過ごせました。 街のマスク着用率は60~70%くらいかな。欧米人もローカルもマスクしてます。

さて、到着した日はCheck-in 後荷物を置いて4pm 電車に乗って市内中心部にいってみる。
早朝フライトで眠かったので、ゆっくりしたくてネイルサロンに入ってみる。 バリバリローカルなかんじ。
英語はほとんど通じない・・・タイ語オンリー。まぁでも写真見せれば何とかなるかと。
着いたのが閉店直前。まだ入れるか聞くとOKらしい。
十分な 現金を持っておらず・・・ カードは使えないとのこと。
「両替行って戻ってくる」というと、オーナーらしき人が登場。「日本円持ってるよ!」ということで手数料なしで両替してくれる。ラッキー
コミュニケーションはなかなか難しくリラックスとは程遠い雰囲気の中、はよ帰れ と言わんばかりの圧で、2人がかりでめちゃめちゃクイックに仕上げてくれた出来上がりは、最高の仕上がりで満足! 2400 也
バンコク ネイル
翌日からは、ナイトマーケット天国のバンコクの市場巡り~。週末限定のチャトチャックマーケット[Chatuchak Weekend Market]ラチャダー鉄道市場[Train Night Market Ratchada]などなど。巨大な市場はかなり体力消耗します・・・。
バンコク 市場
まだ身体が、こっちの暑さ(温度差)に慣れずすぐ疲れる・・・
初日は無理せず、早めに帰って就寝。

さて、次の日からはスーパーなどで必要なものを買ったりして近くを散策。
なんと奈良県産のいちご発見!
これ1200バーツ=4000近くもします!誰が買うねん・・・
いちご
夕方に、カナダ留学時に 一緒に働いていたこともあるマキちゃんが合流 Fromマレーシア。
マキちゃんは、現在マレーシアで働いていて、東南アジア旅行時は、呼びよせるとフットワーク軽く合流してくれる、海外で会うことの方が多い友人。

翌日は、ローカル列車を利用し、郊外のアユタヤ遺跡[Historic City of Ayutthaya]に。
このローカル列車、行きは一番安い3等列車を利用、冷房なしで堅い木のベンチ 自由席 極めて直角 着くころには腰痛・・・。
が、なんと驚きの2時間乗って15バーツ( 45)
バンコク 列車
アユタヤ
アユタヤ
アユタヤ
この日も暑くて暑くて・・・・バテバテです。バンコクからの移動は、長距離はロットゥというミニバンや列車、近距離では、地下鉄、トゥクトゥク、ソンテウという小さいトラックに座席を設置したみたいなものが主流。
大きなチャオプラヤ川を、挟んでいるので地下鉄駅から接続の ボートに乗ったりもします。
バンコク 乗り物
疲れたアユタヤの帰りは、1等列車にランクアップして指定席、冷房付きの列車で贅沢に市内に帰る。(といっても 750w)
隣に座ったタイ人のおばちゃんに、めっちゃタイ語でしゃべりかけられる。とまらん。
「いや、なに言ってるか分からん。」そしたらおばちゃん英語喋れたみたいで、「タイ人かと思ったわ。」と。そのあと少し話しながら帰りました。
バンコク 列車
夜は、暁の寺ワットアルン[Wat Arun]の見えるルーフトップレストランでディナー。 きれいなんですが、大気汚染が激しいバンコク。全体的に霞んでぼやけてるんですよね。喉もずっとなんかいたい。
ワットアルン バンコク
このあと、さらに離れたマーケットに行った時、このレストランにシャツを忘れたことに気づく・・・。
「まぁもういっか。」と諦めようかと思ったものの、東南アジアの冷房は強すぎる 電車や室内が寒すぎるんです。だから羽織る上着は必須。
レストランに電話。無事あると。「明日か、明後日くらいに取りに戻るから置いといてほしい」というと承諾してくれました。
しかし、ここバンコク、前回の べトナム旅行記の時と同じくらい英語が通じず・・・ほんと困りました。欧米からの旅行客がかなり多い観光地なのに、これにはびっくり。
日本を訪れる外国人もこう感じているのかも・・・と思うと結構残念。

その夜訪れたチャンチュイマーケット[Changchui Creative Space]は、個人的に楽しみにしていた場所の一つ。アーティスティックな雰囲気でいろんなオブジェがあります。 フォトジェニック満載。
なんと本物の 飛行機が置いてあって、中はレストランバー になっています。
チャンチュイマーケット
チャンチュイマーケット
チャンチュイマーケット
さて、翌日も早起きしミニバスに乗って郊外のメークロン鉄道市場[Maeklong Railway Rom Hoop Market]に。
ここは列車がすれすれにやってきて、マーケットが折りたたみ式になることで有名。
メークロン市場
正直あんまり期待はしていなかったけど、ここは予想以上に面白かった。
マーケットもかなりローカルだし、観光客向けのお土産も少しバリエーションが違って、ここで定番土産のタイパンツなど結構購入。
(バンコク市内には、無数のマーケットがあるけど売ってるものも値段もほぼ同じなので、結果一か所行くだけ十分かもって思います)
下記は、今回買ったものの一部。リップスティックみたいなものは、鼻から吸い込むとメントールで頭がスッキリとするヤードムというもの。これ、おそらくタイだけのものです。
バンコク お土産
この後は、さらに ミニバスのロットゥとソンテウで進んで、水上マーケットに向かいます。
到着後、乗船に10倍くらいの値段をふっかけられるが、下調べしていたので、 ふざけんな、じゃあ帰るわ!」と言うと通常価格になり、無事乗船。タイは観光客相手のぼったくりが多めの強めです。
水上マーケット
市内に大急ぎで帰ってきて、駆け込みでワットポー[Wat Pho]
黄金の巨大な涅槃像が有名なお寺です。 修復師の方が、壁画を修していました。
ワットポー
夕方でもまだまだ暑く歩くのがつらいのでさくっと回る。実はこの日、本当に行きたかったのは、天井装飾がきれいなワットパクナム[Wat Paknam Phasicharoen]
ワットパクナム
タクシー運転手に確実に伝えたにもかかわらず、間違えてワットポーに連れてこられました。
どうもこのワットパクナムは日本のガイドブックに取り上げられて人気なようで、日本人観光客だらけ、現地人にはあまり知名度が高くなくタクシー運転手も知らない人が多いんだとか。
なので 行かれる場合は地図を見せるかGRAB利用をお勧めします。

そんなこんなで郊外、市内含めいろんな場所を弾丸で周り、マキちゃんはマレーシアに帰国
ここから後半また一人旅。ちょっとゆっくりモードです。街ぶらしたり買い物 したり。
路上でワイヤーアートしている人たちがいて名前のキーリングを作ってくれるみたいなので、頼みました。 100くらいだけど結構いい仕上がりで 自分土産に
バンコク 路上
ホステルに帰ると、ガピ&マリーがお出迎え
バンコク 旅行記 ホステル
オーナーさんらしき人がいたので、バーで世間話。私が、デザイナーだというと、「ちょうど今Bangkok Design Week2020がやっているから見に行くべき!」 と教えてくれました。
私が滞在している10日間開催中というグッドタイミング!
街中にアートや音楽があふれてローカルの若い子たちもたくさん。活気にあふれていて、これが結構よかった。
バンコクデザインウィーク
バンコクデザインウィーク
バンコクデザインウィーク
簡単なイラストを描くとエコバッグをもらえるのでGET!これ無料で配っている割にクオリティ高いし、タイ語も書いてあってかなりいい!
滞在中に2回ももらいに行ったw
「あれ?また来てくれたの?」と言われたが全然ウェルカムしてくれましたw
バンコクデザインウィーク
そうそう、ミートアップにも参加して簡単なタイ語を教えてもらったり、日本語を勉強してるグループのイベントを覗いてみたりもしましたよ。
結構友達もできました。
バンコク ミートアップ

バンコクでの食事

バンコクでの食事はというと、こんな感じ、基本的にスパイシー で屋台やフードコートどれも美味しい!
マンゴースイーツはなんか甘い餅米と一緒に食べるものが多く、結構これも好き
あ、写真の虫は食べてません。
バンコク フード
バンコク フード
フルーツスムージーは、フルーツだけでいいのに 必ず、砂糖やシロップを入れてくるので「No sugar please!」と言ってるのに、入れられること数回。わたくし事ですが、今年からベジタリアン(今のところは魚は食べるのでペスカタリアン)になって食事オーダーでも「No meat?」と確認するシチュエーションが毎回あって、それさえも通じず、「?・・・」毎回・・・マネージャーでてきて大ごとに・・・。
今回、カナダのコーヒーチェーン Tim hortonsも発見!バンコクで一号店がOPENしたところだったみたい。
ブルーのラテは、バタフライピーのハーブラテ。フルーツコーヒーも美味しかったし、日本よりはかなり安いのでカフェはしごも気軽に行けちゃいます。

残りの日は、これまた郊外のピンクガネーシャ[Wat Saman Rattanaram] (ここはお寺だけどなんかテーマパーク的なかんじ)を見に行ったり
ピンクガネーシャ
ローカルバスを乗り継いで、ドラゴン寺[Wat Samphran]を見に行ったり。この建物は圧巻です。郊外だけあってあまり観光客もおらず、無料で入れたし、この龍の中を歩いて頂上までいけるというアトラクション要素も!!
ドラゴン寺
ドラゴン寺
この日立ち寄った、 オーガニックファーマーズマーケットも、結構良かった。
ファーマーズマーケット
一人では来れてなかったので、この日、一緒に行ってくれたポーランドからの旅人とローカルの2人との出会いに感謝。

帰国前日の夜には、なんだかお決まりになりつつある、 高層ルーフトップバーへ
本当は映画「ハングオーバー2」のロケ地になったSKY BARに行きたかったんだけど、ドレスコードが厳しく、つまみだされそうだったので、カジュアルでも行けるOctave と言うバーに行きました。
やっぱり最終日に街の夜景見て帰るコースはなんか好きです。
ルーフトップバー バンコク
ルーフトップバー バンコク

バンコクの旅で出会ったみんな

今回もタイローカルの子たちやアメリカ、ロシア、ドイツ、ポーランドの旅人など たくさんのみんなに会って一緒に周ったりできたので、自分だけでは辿りつけないないであろう場所にもたくさん行けたし、本当に楽しかった。
マキちゃんも毎回マレーシアから合流してくれてありがとう。
バスの後ろに乗ってたドイツの赤ちゃんも可愛すぎでした。
ほかの旅人はもっと長くいる子が多かったので、また今度は長期でいろんな島も周りたいなと思います。
旅 友達
旅 友達
旅 友達
旅 友達
帰りの 飛行機はAir Asiaでした。ホットシートという足元広めのシートを指定したので、広々。
ちなみに行きのスクートでも、ストレッチシートという広めシートを指定。これならLCCでもありかな。(スクートの通常座席はほんとに狭そうだった。エアアジアはタイ行きは通常シートでもかなり広くて十分!) エアアジア



まとめ

いつも、旅での出会いは、とにかく最高。

世界中に友達ができる。そして現地で案内してくれた子たちは、日本にきたら今度は案内してあげれるし、またいつかどこかで会える。ほんと旅の後半で、日本に帰りたくなくなる、チケット捨てようか、くらい楽しさMAXになってくるのが、旅あるある。

英語が話せると世界 は一気に広がります。
確実に今より楽しくなります。
得れる情報も多い。
ほんとに良いことだらけです。


迷っている方、一歩踏み出してみませんか?

また下記 NARA EIGO のイベントでお会いする機会がありましたら、英語のこと旅のこと、なんでも気軽に聞いてくださいね~。ではでは
バンコク 夜景



近日開催イベント情報

カナダ トロント留学相談会 カナダ トロント留学相談会
※留学のことなんでも聞いてね☆
2/23(日)14:00~16:00 Cafe シュクラ(JR法隆寺駅前)


英語でヨガイベント 第3弾『ENGLISH × YOGA』
※英語もヨガも学べるスペシャル企画☆
2/29(土)15:00~16:30 天理駅コフフン(南団体待合所)


0からはじめる英会話 イベント 超ビギナー対象『0からはじめる英会話』
※大人/子供クラス2部制開催☆
3/15(日)14:00~15:30 / 16:00~17:30 Cafe シュクラ(JR法隆寺駅前)


※必ず下記よりお申し込みお願いします。
ワンコイン英会話

Instagram


Facebook