BLOGブログ

2019.07.19

メキシコ旅行記~Mexico city~Oaxaca~Taxco

旅行記

Hola Amigos!
今回は、私が昨年末に訪れたメキシコ・アメリカの旅をご紹介!
とは言ってもトータル1ヶ月と盛りだくさんなので今回は 前編 メキシコ編!
メキシコ旅行記
私にとってキューバ以来の中米!!
関空 →→→ 成田 →→→ メキシコシティ
成田からは直行便で12時間!
日本から中米なのに意外と近いです!

メキシコというと常夏なイメージかと思いますがメキシコシティは高地なので意外と 気温が低い
夜になると冷えるのでダウンジャケット必須。
とはいえ昼間の陽射しはきつい。なので半袖にダウンジャケットがベストな格好◎



首都メキシコシティ着!まぁまぁ都会です。

メキシコ旅行記

日本企業も結構進出してるそうです。
とはいえ、日本人どころかアジア人をほとんど見かけませんでした。

唯一空港で声をかけられた現地在住らしき日本人の方に、
「日本人ですか? 観光でここに? 気をつけてください!」と……
そんな感じでビビりながら始まったメキシコ旅。

今回私が訪れた最大の目的は
死者の日 Day of the dead
メキシコ旅行記
これを見るため。
ディズニー映画 リメンバーミー007シリーズ スペクターのオープニングで取り上げられたのでご存知の方も多いのでは?

メキシコ旅行記
死者の日には家族や友人達が集い、故人への思いを馳せて語り合う。祝祭はカトリックにおける諸聖人の日である11月1日と翌日2日に行われる。
地域によっては、10月31日の晩も前夜祭として祝われる。
市街地はマリーゴールドの香りに包まれ、公園には露店が立ち並ぶ。11月1日は子供の魂が、2日は大人の魂が戻る日とされ、供え物がチョコレートなどのお菓子からメスカルなどの酒に変わっていく。
日本のお盆に近い位置付けであるが、あくまで楽しく明るく祝うのが特徴である。死を恐怖するのではなく、逆に死者とともに楽しく笑うというモチーフとなっている。
墓地にも派手な装飾が施され、夜間にはバンドによる演奏なども行われる。カボチャを飾り仮装をしてパーティを行うなど、ハロウィンとも共通する点が多くあり、実際にルーツは近似している部分がある。
メキシコにおいて、「死」は擬人化されることが多く、さまざまな呼称がある。生への隠喩につながる表現もある
wikipediaより )

そんな感じで祭壇にお供えをし、家族で集まって食事をしてお墓参りする日本のお盆の文化と考え方は似ているんです。
お墓にはキク科の マリーゴルドがたくさん
こんなに遠く離れた国なのに日本との共通点がこれ以外にも沢山あることをこの旅で実感することになります。

さて空港からはタクシーカウンターでチケットを買いそれに乗って宿泊のAirbnb へ。
(予想はしていたが英語が通じないー。。。スペイン語オンリー!!!)

到着!
うん綺麗です。いい感じ。
(机の上の散らかり具合スルーしてくださいw)
メキシコ旅行記
といいながら机の上に載ってるパンが日本のメロンパンにそっくり!(共通点2)
コンチャっていうメキシコのパンです。
そうそうスペイン語でパンはパン!(英語ではBreadね)

屋上にまぁまぁでっかい犬。
メキシコ旅行記
洗濯干しに上がるたびに向かってくるので結構怖い。
慣れたらまぁ可愛い。
宿では、水道が止まったりいろいろあり、オーナーさんが英語が全く話せなくちょっと苦労しましたが、スペイン語指差し会話帳 ここで大活躍!
今後が不安だなーと思ってたところに、偶然 日本語ペラペラメキシカン、アドリアンに出会う!
メキシコ旅行記
彼はメキシコで日本語を教えているのです!そんなわけで日本語はネイティブレベル!
日本文化や音楽が大好きで旅行で一回来たこともあるのです。
この旅、シティにいる間は、アドリアンがほんとに毎日いろんな場所を案内してくれいろいろ助けてもらいました!
(レッスンにもお邪魔させてもらい日本語を学ぶ生徒さんのお話を聞くこともできました。 日本に行くのが夢らしい。嬉しいですね。レッスンの様子は こちらから見れます。)
アドリアンが管理する日本語学習ページ
まずは地元の携帯ショップに行って SIMカードGET。
思ったよりいろんなプランがあったりして、しかもここでも対応はスペイン語のみなので、私1人では絶対に無理だった。

死者の日前の週末はダウンタウンでパレード!

メキシコ旅行記
メキシコ旅行記

みんなガイコツメイクアップして街中すごい熱気です!
路上にメイクしてくれる人がいっぱいいるので、頼みます。

メイクの経過はこんな感じ~

メキシコ旅行記
完成〜
メキシコ旅行記
この赤メイクのCuteな彼女はアドリアンの日本語学校時代のクラスメイト、フリーダ。
フリーダも日本語がめちゃくちゃうまい!!英語もペラペラ!

パレード以外にも、色々観光に行きましたよ。
市場でカラフルな雑貨を買ったり、
メキシコ旅行記
教会や遺跡に国立映画館、 メキシコ旅行記
こちらは巨大な図書館。
すごいです!クジラの骨のディスプレイがかっこいい!
メキシコ旅行記
メキシコ旅行記
バスで1時間半くらいのテオティワカンピラミッド メキシコ旅行記
ご飯もスパイシーで美味しいー!タコスにポソレにエンチラーダなどなど。
メキシコ旅行記
ホットチョコにディップして食べるチュロスもー!


メキシコ旅行記
そしてこの旅で特に楽しみにしていたルチャ・リブレ!

メキシコ旅行記

覆面のプロレスです。ミルマスカラスが有名ですよね。
このプロレス文化も共通点3!
この日は日本人レスラーも悪役チームで出ていました!!
修行に来ているんでしょうねぇ。
ルチャドールはこっちでは子供達のヒーローです!


メキシコ旅行記

メキシコシティからバスで3時間半 銀の街 タスコ

メキシコ旅行記

ここはシルバーで有名な街!
アクセサリー大好きなので絶対に行きたかった場所!
街自体も真っ白ですごく綺麗! ヨーロッパっぽい雰囲気ですね。
メキシコ旅行記
タクシーも古いビートルで統一されていました。
もちろんシルバーアクセサリーもゲットしました!
今も毎日身につけているお気に入りです
メキシコ旅行記
この後、街に帰る最終バスが思いのほか早く終わり逃す…..
なんとか別会社のバスターミナルに駆け込みメキシコシティに戻ることができました。
こんなトラブル序の口ですよw


さて次に向かった場所は歴史ある街オアハカ

小さめの国内線飛行機で1時間ちょいで到着!
(この時帰りの便が遅れてLAへの乗り継ぎができず空港泊になりかけることをこのとき知る由もない…..)
メキシコ旅行記
こちらも死者の日で大盛り上がり!観光客があまりに多くて若干がっかり。
ここでは持参の浴衣を着ていきました!
( 写真撮ってくださいの行列ができてセレブ気分味わえましたw )
メキシコ旅行記 墓地ツアーにも参加。
メキシコ旅行記
お墓なんですがすごく幻想的で綺麗
メキシコ旅行記
オアハカではなんとたこ焼き屋に行きました!
日本人夫婦が経営されていて美味しかったです。
メキシコ旅行記
世界一太い木 El tule
一緒に写っている人を見てもらったらどれだけの大きさかわかると思います!
メキシコ旅行記
メキシコ旅行記
今回メキシコ旅を通して感じたこと。
ホントにホントにホントに人が優しい!会う人会う人みーんな!
こんな国他にない!と思うほど周りのことをお互いに気づかうことができる素晴らしい国民性。
言葉が通じないのにすごく助けようとしてくれる。
感動しっぱなしでした
夜は危ないので出歩かないように と言われていたことなど忘れ去るほどの雰囲気で毎日終電まで遊んでいたw
もちろん私がたまたまラッキーだったのかもですが、誰にでも自分にしっくりくる、合う国ってあると思うんです。 みなさんにとってはどこの国でしょう?
まだ行ってないかも?
私にとって、メキシコは間違いなくベスト3に入る好きな国。
(とはいえメキシコにいる間に2回、Sickになり動けなくて行きたかった都市や場所を断念・・・なので絶対にまた戻ります Maybe Next year!)
やっぱり旅はいいですね。私にとっては本業がデザインなので、いろんな見たもの経験したものの刺激が反映されるというか、間違いなくプラスになります。


メキシコ旅行記

あ 最後の共通点4 は、メキシコ人みんな小柄w 日本より平均身長低いらしい。
パレードでも、横にいた150cmくらいのおっちゃんが
「ここに登ったら見やすいから登りなさい」おっちゃんより10cm以上高い私に椅子を。
こんな優しさエピソードだらけのメキシコ旅でした。
また、イベントなどでお会いすることがありましたら気軽に、いろんな旅情報 聞いてくださいね。
NARA EIGOサポートスタッフも海外経験豊富ですよ!

ではまた近々 後編 アメリカ旅をUPしますのでお楽しみに~! Adios!

メキシコ旅行記

8/4 日曜は恒例のインタビューイベントですよ!

インタビュー企画
まもなく定員に達します!!

参加申し込みたくさんありがとうございます!

超初心者でも大丈夫! 毎回参加者のほとんどがビギナースピーカーです! でも勇気は必要!

不安な方には1時間の事前レッスンもあり!
いろんな海外観光客と話すチャンスなんてなかなかないですよ!

Let’s challenge with us!!!

街頭インタビュー

 


Instagram


Facebook