BLOGブログ

2019.07.08

七夕を英語で説明できる?

英語豆知識

さて、一日遅れてしまいましたが、昨日は七夕でしたね。

みなさん七夕を英語で説明できますか?

昨日は奈良市内でもたくさんの七夕飾りを見かけました。

七夕飾り
外国人のお友達などに日本の祭りや行事文化などを説明しなきゃという機会もあるかと思うので今回は、七夕について取り上げたいと思います。

そもそも七夕ってなに?どんな行事?

もともと中国から伝わった説話ですが、この話は長い歴史の中で確立していった話のようです。

織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。
めでたく夫婦となったが夫婦生活が楽しく、織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。
このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。
しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。
また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。
(「 Wikipedia」より)
できるだけシンプルに七夕を英語で紹介するときに使えるフレーズ!

ストーリーについて

Tanabata festival originated from the Chinese star festival.
七夕祭は、中国の星祭りに由来します。

Orihime represents Altair and Hikoboshi represents Vega.
織姫はアルタイル、彦星はベガ、を表します。

Orihime and Hikoboshi didn’t work hard at all because they fell deeply in love and were crazy about each other.
織姫と彦星は、深く恋に落ちて互いに夢中になり、まったく一生懸命働かなくなってしまいました。

The king got angry and separated Orihime and Hikoboshi by Ama no gawa.
天帝は怒って、織姫と彦星を天の川で引き離しました。

Orihime and Hikoboshi were allowed to meet only on July 7, which is Tanabata.
織姫と彦星は七夕の7月7日だけ会うことを許されました。

If it rains on July 7, Ama no gawa will flood and they can’t meet.
もし雨が降ってしまうと、天の川が洪水になって、二人は会うことができません。

七夕

習慣について

We display bamboo grass.
笹の葉を飾ります。

We write each wish on a strip of paper and hang it on the bamboo grass.
細長い紙切れにそれぞれの願い事を書き、笹の葉に吊るします。

The strips of paper used to write wishes are called Tanzaku.
願いを書くために使われる細長い紙切れは、短冊と呼ばれています。

It is said that a wish comes true by writing it on Tanzaku.
短冊に願いを書くことで、それが叶うと言われています。


いかがでしたか?

日本人でも意外と知らない風習や行事って結構ありますよね。

外国人に紹介できるように自分たちの文化をしっかり勉強することも大事です。

それを英語で説明できれば喜んでもらえること間違いなし!

普段、外国人と話す機会がない?

そんなあなたは、NARA EIGO 恒例インタビューイベントで外国人観光客に話しかけてみましょう!

チームで行動するので、超ビギナーでも安心!スタッフもフォローします!

それでも心配な人にはみっちり1時間 特別事前レッスンもあり!
※ イベントは定員に達し次第締め切りますので、お申し込みはお早めに~♪

インタビュー企画



Instagram


Facebook